Djangoでreverse後のURLにスクリプト名が入ってしまう

公開日: : Python ,


レンタルサーバー上にCGIとしてDjangoを動かそうとしていて、このチケットのdjango.cgiを配置し、.htaccessでmod_rewriteの設定を

このような感じにして一応動いてはいたのですが、テンプレートタグから{% url %}で

r’^hoge/$’

への逆引きをしたつもりのURLが、

/django.cgi/hoge/

のようにrewrite後のスクリプト名が付いたURLになってしまっていました。

ドキュメントにはDjangoはなるべく自動的にrewrite前のURLを探すと書いてあったんですが、それが上手くいっていないようで。
で調べた所、そういう時はsettings.pyでFORCE_SCRIPT_NAMEを設定すれば良いようです。

でとりあえず解決。
細かい原因はよくわかってません。

参考
Forcing the URL prefix to a particular value
URL のプレフィクス部分を特定の値にする

関連記事

no image

Python、DjangoでTwitter認証(Sign in with Twitter)するサンプル

トップページから認証リンクを押すとサインインを求められ、ユーザーのアクセストークンをDBに保存して何

記事を読む

no image

PythonでC++のstd::mapみたいな挙動が欲しい

最近競技プログラミングの問題をちょろちょろやってて、それでC++を使ってるんですが、C++のstd:

記事を読む

no image

pipでThe C extension could not be compiledとかいうWARNING

CentOS 6.5にpipでpython-twitterを入れようとしたら、依存パッケージのsim

記事を読む

no image

python-twitterで複数media(画像)を扱う

現時点で、python-twitterをpipで入れると2.0が入りますが、extended ent

記事を読む

no image

Django 1.7の新機能Migrations

Django 1.6まででは作成後のモデルに変更を加える場合、手動でSQLを発行するかsouthのよ

記事を読む

no image

DjangoでMySQLに絵文字を保存

Twitter関連のプログラムを書いていたのですが、絵文字を含むツイートをDBに保存しようとするとエ

記事を読む

no image

PySideインストール後にImportError

QtのPythonバインディングにはPyQtとPySideがあって、元々あったのはGPLのPyQtだ

記事を読む

no image

Djangoのカスタムコマンドをコード内から呼ぶ

ドキュメントにまんま書いてあるけど一応メモ。 カスタムコマンド内から他のコマンドを呼び出したい

記事を読む

no image

Djangoのタイムゾーンサポートについて調べた

Djangoの1.4以降で追加されたタイムゾーンサポートのことがよくわかってなかったのでドキュメント

記事を読む

no image

Django 1.5でDEBUG=Falseにしたら動かないとかstaticが出ないとか

Django 1.5でプロジェクト作って少しして試しにDEBUG=Falseにしてみたら「Serve

記事を読む

no image
PythonでC++のstd::mapみたいな挙動が欲しい

最近競技プログラミングの問題をちょろちょろやってて、それでC++を使っ

no image
ファイルパーミッションを664から644に変えてもGitで反映されない

って思ったらGitのこと勘違いしてたっていうメモ。 Gitはファイル

no image
CentOS6.9を7.3にアップグレード

CentOS6系から7系へのアップグレードはアップグレードツールが存在

no image
ブラウザにフォームの値を覚えさせない

formのinputやselectにvalueやselectedで現在

no image
[WordPress]dbDelta()でテーブルが作成できない

WordPressのプラグインの勉強をしていて、テーブルを作成するため

→もっと見る

PAGE TOP ↑