Django 1.5でDEBUG=Falseにしたら動かないとかstaticが出ないとか

公開日: : 最終更新日:2013/08/06 Python ,


Django 1.5でプロジェクト作って少しして試しにDEBUG=Falseにしてみたら「Server Error (500)」とか言われたりそれ直したら今度はCSS読み込んでなかったりしたのでメモ。

Server Error (500)

DEBUG=Falseの時はsettingsのALLOWED_HOSTSにマッチするホストからしか接続できないようです。
Settings | Django documentation | Django
とりあえず*で全てにマッチするので

にすれば繋がります。
1.4まではデフォルトが[‘*’]だったけど1.5から[]になった模様。

静的ファイルが取得できない

django.contrib.staticfilesによるstaticファイルの管理は開発中用のもので、本番環境では静的ファイルはApache等のサーバで扱うべきということになっています。
それでも開発中にとりあえず使いたい場合は–insecureオプションを使えば動きます。

関連記事

no image

Djangoのタイムゾーンサポートについて調べた

Djangoの1.4以降で追加されたタイムゾーンサポートのことがよくわかってなかったのでドキュメント

記事を読む

no image

Djangoのカスタムコマンドをコード内から呼ぶ

ドキュメントにまんま書いてあるけど一応メモ。 カスタムコマンド内から他のコマンドを呼び出したい

記事を読む

no image

Djangoでreverse後のURLにスクリプト名が入ってしまう

レンタルサーバー上にCGIとしてDjangoを動かそうとしていて、このチケットのdjango.cgi

記事を読む

no image

DjangoでMySQLに絵文字を保存

Twitter関連のプログラムを書いていたのですが、絵文字を含むツイートをDBに保存しようとするとエ

記事を読む

no image

PySideインストール後にImportError

QtのPythonバインディングにはPyQtとPySideがあって、元々あったのはGPLのPyQtだ

記事を読む

no image

python-twitterで複数media(画像)を扱う

現時点で、python-twitterをpipで入れると2.0が入りますが、extended ent

記事を読む

no image

pipでThe C extension could not be compiledとかいうWARNING

CentOS 6.5にpipでpython-twitterを入れようとしたら、依存パッケージのsim

記事を読む

no image

Python、DjangoでTwitter認証(Sign in with Twitter)するサンプル

トップページから認証リンクを押すとサインインを求められ、ユーザーのアクセストークンをDBに保存して何

記事を読む

no image

python-twitterでツイート時刻(created_at)からローカルのdatetimeを作成する

python-twitterのStatusクラスからの投稿時刻の取り方には二通りあり、それぞれUTC

記事を読む

no image

Django 1.7の新機能Migrations

Django 1.6まででは作成後のモデルに変更を加える場合、手動でSQLを発行するかsouthのよ

記事を読む

no image
PythonでC++のstd::mapみたいな挙動が欲しい

最近競技プログラミングの問題をちょろちょろやってて、それでC++を使っ

no image
ファイルパーミッションを664から644に変えてもGitで反映されない

って思ったらGitのこと勘違いしてたっていうメモ。 Gitはファイル

no image
CentOS6.9を7.3にアップグレード

CentOS6系から7系へのアップグレードはアップグレードツールが存在

no image
ブラウザにフォームの値を覚えさせない

formのinputやselectにvalueやselectedで現在

no image
[WordPress]dbDelta()でテーブルが作成できない

WordPressのプラグインの勉強をしていて、テーブルを作成するため

→もっと見る

PAGE TOP ↑